究極交流掲示板

【朗報】家スロが災害時に人を守った模様

[0]
2018/07/11 17:41
広島県東広島市で、土砂崩れで倒壊した民家に閉じ込められた家族4人が、約27時間かけて全員救助された。

 当日、何があったのか。助け出された殿畠義将(とのはたよしまさ)さん(47)が朝日新聞の取材に当時の状況を語った。

 広島市から東に約50キロ。東広島市安芸津町(あきつちょう)木谷(きだに)は、谷あいに家々が点在する集落だ。そこに築100年ほどの2階建ての民家が立っていた。裏手に山が迫る。

 6日の夜、義将さんは夕食後、母屋の2階で横になり、映画「ジュラシック・パークIII」をテレビで見ながらくつろいでいた。

 父親の英治(ひではる)さん(71)は1階の居間で、広島カープのナイター中継をラジオで楽しんでいた。同じ部屋では祖母の久美子さん(93)がこたつで横になっていた。いつもは山側の部屋で寝ているが、この日は雨がひどく、万が一に備えて谷側の居間で寝させていた。

 弟の政治(まさはる)さん(45)は1階の別の部屋で、仰向けになりながらスマートフォンをいじっていた。母親の佐智子さん(65)は、母屋から少し離れた納屋で寝る用意をしていた。

 午後9時すぎ、突然、土砂が襲った。ドドーンという雷鳴のような音が響いた直後、天井の梁(はり)が落ちてきた。明かりが消え、闇の中で何も見えない。近くにあったスマホの照明をつけると、目の前に天井が迫っていた。床との隙間は30センチほど。「これはなんじゃ」と思った。愛用していた2台のスロットマシンが天井の落下を食い止めてくれた。
ツイート はてな


残り2999書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ

[1]
2018/07/11 17:46
俺は大学生で大学は休みまで読んだ


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:0/累計:29 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
【朗報】家スロが災害時に人を守った模様
スマホ向けクリック保証型広告ADsee