究極交流掲示板

ITの巣窟、憧れのサンフランシスコでは年収1800万円でも「かろうじて食いつないでいけるレベル」だった

[0]
2017/03/20 23:23
IT企業のひしめくサンフランシスコでは、物価が上昇し続けており「年収1000万」でも貧乏と感じてしまうほどだという。

Twitterの従業員が、匿名を条件にThe Guardianの取材に応じた。40代前半、サンフランシスコ在住のこの男性は、年収16万ドル(約1800万円)。だが、かろうじて暮らしていけるレベルだと語った。翌月まで「食いつなぐ」ために借金をしたこともある。
「ソフトウェア・エンジニアになったのに、家計に苦労することになるとは」。そう語る男性は、このエリアで家族と暮らしていくためには自分の収入は「かなり低い」と考えている。

家計のもっとも大きな支出は家賃。毎月3000ドル(約34万円)かかる。妻と2人の子ども。場所を考えるとこの家賃でも「ものすごく安い」と彼は言う。

サンフランシスコのベイエリアは、アメリカでもっとも人気が高いエリア。不動産サイト「Trulia」によると、家賃は平均月4200ドル(約48万円)。Google、Uber、Airbnb、Twitterなどに勤める中堅以上のエンジニアは、給料の40%*50%を勤務先の近くに住居を借りるために使っているという研究結果もある。


同エリアでフルタイムで働く18歳*34歳の人々の平均収入は、2013年に5万9000ドル(約671万円)だったと米国勢調査局のデータが伝えている。
https://www.businessinsider.jp/post-1135
ツイート はてな


残り3000書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:0/累計:48 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
ITの巣窟、憧れのサンフランシスコでは年収1800万円でも「かろうじて食いつないでいけるレベル」だった
スマホ向けクリック保証型広告ADsee