究極交流掲示板

日本オリンピックのメダル制作の「銀集め」が帝国主義論議を呼んだ理由

[0]
2018/08/30 17:52
日本オリンピックのメダル制作の「銀集め」が帝国主義論議を呼んだ理由

政府、小中学校に「回収ボックス」を設置してメダル作成のための銀を収集「協力してほしい」

「太平洋戦争での金属強制回収だ」…サマータイム導入にも「帝国主義復活」と批判が

(東京=連合ニュース)キムビョンギュ特派員

日本政府が2020年の東京オリンピックのメダル製作に使う貴金属を集める過程で、現場の学校に無理やり協力を要請し、「帝国主義の時代か」という不機嫌な反応が返っている。

29日の毎日新聞によると、日本政府は廃家電製品や使わないスマートフォンなどに含まれる金属を回収し、東京オリンピックのメダルの全量を製作する計画だ。

これにより、資源の再利用という環境にやさしいオリンピックというイメージを強調するという意図だ。
日本政府は昨年10月、「都市鉱山メダル連携促進委員会」という組織を作って金属収集に乗り出している。

このような、環境に配慮する努力にもかかわらず、批判論が出てきたのは、環境省が初・中等学校に「協力」を要請したからだ。

日本政府はこれまで、郵便局と移動通信社NTTドコモの店舗で金属を回収して金と銅メダルに使われる金属を確保したが、銀はまだ十分に集まっていない。

それで環境省は、全国の自治体に協力を要請し、公立の小・中等学校に回収ボックスを設置し、学生に使わない携帯電話や携帯コンピュータを出す方法でオリンピックの準備に参加することを要請した。

しかし、このような事実が知られると、SNSで太平洋戦争当時の「供出」制度を連想させて不適切であるとの批判が続いた。
日本は戦争当時、武器製造に使用する金属を国民に強制的に出すように(供出)しており、これは植民地時代、朝鮮半島も対象だった。

ツイッターには「戦争の準備のために鍋や釜を強制的に回収したことが思い出される。気持ち悪い」という批判が殺到し、専門家の間では「学校組織を使用して金属を集めようという考え方が怖い」「教育現場の負担が増えるだろう」という指摘が出た。

東京オリンピックをめぐり、日本では、政府が推進する学生ボランティアの拡大、サマータイムの導入、猛暑対策について、同様に帝国主義時代への回帰だという批判が提起されている。

文部科学省は、高校や大学の学生のボランティ
[…全文を表示する]

ツイート はてな


残り3000書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:0/累計:85 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
日本オリンピックのメダル制作の「銀集め」が帝国主義論議を呼んだ理由
スマホ向けクリック保証型広告ADsee