究極交流掲示板

フェイクニュースや意見の偏りがあるウェブサイトを見破るAIが開発される(米研究)

[0]
2018/10/10 19:33
ネットメディアで事実確認をする作業はたいへんだ。

 記載されている距離や数が正しい数値かどうか? きちんと引用されているかどうか? あるいは政府の出した声明の内容と一致しているだろうか?

 無数に存在する似たようなサイトをくまなくチェックし、書かれていることが正しいかどうかをすべて確かめねばならないからだ。

  こうした作業はこれまでも非常に重要であったが、フェイクニュースがそこかしこで伝えられている現在、その重要性はますます高まっている。

 この難題を支援するために、米マサチューセッツ工科大学(MIT)ならびにカタールとブルガリアの研究所が共同して、事実確認の担当者を手助けするAIを開発した。

 研究者によると、これはさまざまなニュースサイトで述べられている内容が正しいのかどうか自動的に確認するAIの開発へ向けた、大切な一歩だという。


1066のサイトをAIで分析、65%〜70%の精度で検出
 研究チームは、このAIをトレーニングするために、まずメディアバイアス/ファクトチェックというサイトに掲載されていた1066のサイトを、記事のソース、ウィキペディアのページ、ツイッターアカウント、URLなどを考慮しつつ分析させた。

 その結果、AIは65%の精度でサイトが伝えている事実の程度を予測し、70%の精度で意見の偏りを検出することができた。

 なお、この実験ではウィキペディアの重要性が明らかになっている。ニュースサイトの信ぴょう性や偏りを知るために必要な情報が、そこにある可能性が高いからだ。

 たとえば、米国の風刺記事を配信する「ジ・オニオン」について、ウィキペディアは一番最初に”風刺”と述べている。

 また米国の保守系サイト「ドラッジ・レポート」について、ウィキペディアはやはり一番最初に”保守”と明記している。

ウィキペディアが大きな判断基準に
 さらにウィキペディアで扱われていないサイトは、信頼性が乏しい傾向にあったという点でも重要だった。

 たとえば、8月にフェイスブックと某サイバーセキュリティ企業が、イラン発の世論を操作するためのフェイクニュースサイトがあると発表した。

 そうしたサイトの1つが「リバティーフロントプレス」である。このサイトは”独立系”のメディアであると自称し
[…全文を表示する]

ツイート はてな


残り2996書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ

[4]
2018/10/10 19:38
そもそもフェイク

[3]
2018/10/10 19:38
わざわざポンコツ作って情報操作ですね。わかります。

[2]
2018/10/10 19:37
わざわざポンコツ作って世論操作ですね。わかります。

[1]
2018/10/10 19:36
>政府の出した声明の内容と一致しているだろうか?

>ウィキ参照


ズタボロじゃんwww


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:1/累計:21 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
フェイクニュースや意見の偏りがあるウェブサイトを見破るAIが開発される(米研究)
スマホ向けクリック保証型広告ADsee