究極交流掲示板

富山県射水市小杉駅前のアルプラザ小杉を閉店して丸井射水店を開店して下さい。

[0] 丸井創業者は射水市出身
2018/10/13 17:50

青井 忠治(あおい ちゅうじ、1904年(明治37年)3月30日 - 1975年(昭和50年)8月18日)は、日本の実業家。丸井の創業者。

あおい ちゅうじ
青井 忠治
生誕
1904年3月30日
日本の旗 日本
富山県射水郡小杉町
(現在の射水市)
死没
1975年8月18日(71歳没)
出身校
富山県立工芸学校
(現在の富山県立高岡工芸高等学校)
職業
実業家
配偶者
青井多津子
子供
長男 青井忠雄(実業家)等
丸井グループ名誉会長青井忠雄は長男。NHKアナウンサー青井実は孫。

概要
編集

生家は富山県小杉の旧家の分家で、一人息子として生まれる[1]。1歳の時に父の事業破綻により母と引き離され、2歳ではしかのため左眼を失明[1]。10歳で他家に嫁した母を、11歳で結核を病んで床に臥していた父を失う[1]。

1922年(大正11年)富山県立工芸学校(現在の高岡工芸高校)を卒業して上京、月賦販売商・丸二商会に入社[1]。瞬く間に頭角を現し、1924年(大正13年)大塚店長、1925年(大正14年)本店の集金部長、1928年(昭和3年)中野店長、1930年(昭和5年)1月浅草店長、7月九段店長を歴任[1]。1931年(昭和6年)中野店を譲り受けて独立[1]。1935年(昭和10年)阿佐ヶ谷に支店を開き、同時に“丸二”の“丸”に“青井”の“井”を合わせて商号を「丸井」に改めた。1937年(昭和12年)株式会社に改組[1]。

[…全文を表示する]

画像01画像02画像03
ツイート はてな


残り2993書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:0/累計:36 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
富山県射水市小杉駅前のアルプラザ小杉を閉店して丸井射水店を開店して下さい。
スマホ向けクリック保証型広告ADsee