富山県射水市小杉駅前のアルプラザ小杉を閉店して丸井射水店を開店して下さい。

TOPページ > 富山県射水市小杉駅前のアルプラザ小杉を閉店して丸井射水店を開店して下さい。 > 記事0の画像

富山県射水市小杉駅前のアルプラザ小杉を閉店して丸井射水店を開店して下さい。 jpg画像YsndI_185355_0-2

青井 忠治(あおい ちゅうじ、1904年(明治37年)3月30日 - 1975年(昭和50年)8月18日)は、日本の実業家。丸井の創業者。

あおい ちゅうじ
青井 忠治
生誕
1904年3月30日
日本の旗 日本
富山県射水郡小杉町
(現在の射水市)
死没
1975年8月18日(71歳没)
出身校
富山県立工芸学校
(現在の富山県立高岡工芸高等学校)
職業
実業家
配偶者
青井多津子
子供
長男 青井忠雄(実業家)等
丸井グループ名誉会長青井忠雄は長男。NHKアナウンサー青井実は孫。

概要
編集

生家は富山県小杉の旧家の分家で、一人息子として生まれる[1]。1歳の時に父の事業破綻により母と引き離され、2歳ではしかのため左眼を失明[1]。10歳で他家に嫁した母を、11歳で結核を病んで床に臥していた父を失う[1]。

1922年(大正11年)富山県立工芸学校(現在の高岡工芸高校)を卒業して上京、月賦販売商・丸二商会に入社[1]。瞬く間に頭角を現し、1924年(大正13年)大塚店長、1925年(大正14年)本店の集金部長、1928年(昭和3年)中野店長、1930年(昭和5年)1月浅草店長、7月九段店長を歴任[1]。1931年(昭和6年)中野店を譲り受けて独立[1]。1935年(昭和10年)阿佐ヶ谷に支店を開き、同時に“丸二”の“丸”に“青井”の“井”を合わせて商号を「丸井」に改めた。1937年(昭和12年)株式会社に改組[1]。

月賦百貨店の草分けとして、中野本店を中心に店舗を展開し始めた矢先、1941年(昭和16年)戦時下の商業活動規制により全5店舗の一時閉鎖を余儀なくされた[1]。1945年(昭和20年)疎開先の長野県伊奈で終戦を迎えると、すぐに上京して中野に仮店舗を設け、家具の現金販売で営業を再開[1]。1950年(昭和25年)月賦商売を再開し、1960年(昭和35年)には“月賦”を“クレジット”と言い換えて、日本で最初のクレジットカードを発行[1]。1965年(昭和40年)東証第一部に昇格[1]。1972年(昭和47年)会長[1]。

“景気は自らつくるもの”という商売哲学を持ち、同社を月賦百貨店業界のトップ企業に育て上げた[1]。1959年(昭和34年)全国月賦百貨店組合連合会会長[1]。1
[…全文を表示する]
丸井創業者は射水市出身
2018/10/13 17:50
[コメントする]


スレッドに戻る スレ内画像一覧 掲示板TOP