究極交流掲示板

【江陵ペンション惨事】ボイラー設置業者は登録していない「無資格」だった

[0]
2019/01/02 04:35
江原道江陵ペンション事故の原因とみられているボイラーを施工した業者が無資格業者であることが確認された。警察は、ボイラー施工後の第3者が連結部位に手を入れてい可能性もあるとみて捜査している。

20日、韓国ガス安全公社、江陵市庁など関係機関によると、18日に二酸化炭素流出事故が発生したペンションは江陵に位置するA社が施工した。この会社はガス供給業者としてのみ登録されているが、ボイラー施工をできるガス施設の施工業者の登録はしていなかった。つまり、ガスボンベ等の販売だけが可能な会社であるにもかかわらずボイラー施工をしたものである。

現行法でガス設備施工業の登録をしていない企業は、ガスボイラーを施工してはいけない。家庭用ガスボイラーをインストールするには、ガス施設施工業2種や3種の資格を保有しなければならない。国家技術資格を取得した人や、ガス安全公社が実施するガスの施設施工管理養成教育を履修した人が1人以上必要であり、オフィス、ボイラー施工に必要な3つの機器を備えなければならない。これに違反した場合、3年以下の懲役又は3000万ウォン以下の罰金刑に処せられる。
(引用ここまで)
http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/5441251.html
ツイート はてな


残り3000書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:0/累計:20 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
【江陵ペンション惨事】ボイラー設置業者は登録していない「無資格」だった
スマホ向けクリック保証型広告ADsee