究極交流掲示板

台湾人夫婦が新婚旅行中に沖縄で早産、県民らが600万円の医療費支援

[0]
2019/02/12 04:10
台湾から新婚旅行で来沖中に早産で生まれた鄭阿鴻(ツェンアホン)ちゃん=1歳10カ月=がすくすくと成長している。出産時の医療費として県民から多くの寄付が寄せられたことに感謝したいと、両親は今年4月、阿鴻ちゃんと共に再び沖縄を訪れる予定だ。


両親は2017年3月、新婚旅行で沖縄を訪れた。母親の李さん(21)はその晩に破水して翌日、県立南部医療センター・こども医療センターで出産した。予定日の6月下旬より3カ月近い早産で阿鴻ちゃんの体重は884グラムだった。

この出産に日本の保険制度は適用されず、両親は出産費用など600万円以上を負担しなければならなくなった。(略)

両親の窮状が新聞報道などで知られるようになり、琉球華僑総会や台北駐日経済文化代表処那覇分処などを中心に支援の輪が広がった。
ツイート はてな


残り2986書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ

[7] 佐々木バイク
2019/02/12 06:07
これが韓国人や中国人なら大批判だが白人や黒人だったら大喜びするんだはw


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:2/昨日:2/累計:107 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
台湾人夫婦が新婚旅行中に沖縄で早産、県民らが600万円の医療費支援
スマホ向けクリック保証型広告ADsee