究極交流掲示板

「韓国は国際司法裁判所で勝てる。だから仲裁に堂々と出るべきだ」 日本「じゃあ早く出てこい。待ってるぞ」 韓国「」

[0]
2019/02/12 22:13
「強制徴用判決、ICJ・仲裁に進んでも韓国が勝つ」(1)
2/11(月) 7:21配信 中央日報日本語版

 昨年10月末に下された韓国大法院(最高裁)の強制徴用判決で韓日関係が最悪の状態だ。日本・安倍政府は1965年韓日協定で韓国が請求権を放棄した以上、強制徴用の賠償はありえないと強弁する。日本側はこれに関連し、先月「政府間協議」を韓国に要求し、30日間の回答期間が終わる日が今月8日だった。このような動きに対して、韓国政府は無対応で一貫している。

 これによって外交的協議が失敗に終わったことを受け、日本政府は翌月初めごろ、仲裁委員会にこの問題を持ち込む腹積もりだ。韓日協定は紛争が発生した場合、先に協議で解決を模索するものの、それでもうまくいかない場合には当事者国と第三国から1名ずつ任命した3人の「仲裁委員会」を構成して問題を解決するよう規定している。安倍政権は韓国大法院の判決が国際法を無視したもので、仲裁であっても国際司法裁判所(ICJ)であっても、国際社会では受け入れられないだろうと確信している。

 だが、韓国はもちろん、日本の法律家の間でも正反対の意見がある。「日本は絶対に勝てない」という主張だ。このような意見を出している代表的な法律家、高木健一弁護士(74)と先月31日、ソウル光化門(クァンファムン)のホテルで会った。

−−日本は負けると主張する理由は。

 「何より日韓協定によって消えたのは『外交的保護権』であり、個人の損害賠償請求権は残っているという事実を日本政府が認めた例があるためだ」

−−日本政府がいつ、どのように認めたのか。

 「1991年8月の参議院会議で、当時外務省の柳井俊二・条約局長は『日韓協定は両国が国家として持つ外交的保護権を互いに放棄したもので、個人請求権を国内法的に消滅させたわけではない』と答弁した。私も現場にいたが、社会党の清水澄子議員に『日韓協定で個人請求権が消えたことなのか』と尋ねてほしいとメッセージで促してこのような回答を得た」

−−日本政府がこのように答えた背景は。

 「それ以前に、日系カナダ人が個人請求権関連紛争で日本政府を相手取って訴訟を起こした時、国家間の協定では個人請求権はなくならないという立場を公式に明らかにしたためだ」

 資料を探したところ、高木弁護士が言
[…全文を表示する]

ツイート はてな


残り2998書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ

[2] ヨツン=弩M=ヴァイン中佐◆Z9KssG/8Fw
2019/02/12 22:25
ロビー活動で勝てるようなら来るかもね

[1] ヨツン=弩M=ヴァイン中佐◆Z9KssG/8Fw
2019/02/12 22:14
絶対に来ない


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:0/累計:31 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
「韓国は国際司法裁判所で勝てる。だから仲裁に堂々と出るべきだ」 日本「じゃあ早く出てこい。待ってるぞ」 韓国「」
スマホ向けクリック保証型広告ADsee