究極交流掲示板

【悲報】家族さん、引きこもりを残して引越し

[0]
2019/06/13 17:00
引きこもり18年、去った老親 「市役所に相談を」メモ残し

長期間引きこもり状態にある人や家族をどう支援していくか、課題になっている。当事者はどう感じているのか。仕事に失敗して以来、かつて20年近く自宅にほぼ引きこもっていたという大分県の男性(54)に話を聞いた。自立に向かうきっかけは、思わぬ出来事だった。

残暑も終わり、涼しくなり始めた朝。目覚めると、家にいるはずの両親が見当たらなかった。寝具や食器は持ち出され、車もない。居間のテーブルには、わずか2行の書き置きが残されていた。

 ≪後のことは市役所に相談してください≫

大分県北部の海沿いの地域で、男性と同居していた両親の行方が分からなくなったのは2014年9月。男性は当時49歳、両親は70代だった。「今後どう生きればいいのか」。男性は途方に暮れた。
ツイート はてな


残り2995書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ

[5]
2019/06/13 19:19
>>4
しない親は甘え
それは親が悪い
ニートは悪くない

[4]
2019/06/13 19:13
ニートの親はみんなこうするべきや

[3] アリン@でんせつのつるぎ
2019/06/13 17:02
働けバカ

[2]
2019/06/13 17:02
これは持ち家ならいいが

[1]
2019/06/13 17:01
≪後のことは佐々木バイクに相談してください≫


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:0/累計:73 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
【悲報】家族さん、引きこもりを残して引越し
スマホ向けクリック保証型広告ADsee