究極交流掲示板

貧困に耐えかね「ウリ専」に走るノンケ男性が急増中? 知られざるゲイ向け風俗の世界

[0] らんママ
2018/03/13 20:03
貧困に耐えかね「ウリ専」に走るノンケ男性が急増中? 知られざるゲイ向け風俗の世界
.
 威勢のよかったアベノミクスはどこへやら。庶民の生活は楽になるどころか、苦しくなっていく一方である。
 
 そんな厳しい経済状況のなか、「宝島」(宝島社)2015年8月号に驚くべきレポートが掲載された。なんと、窮乏に耐えかねて、“男性が男性に性的サービスを提供する”、いわゆる“ウリ専”ビジネスに足を踏み入れる人が増えているらしい。

 さらに驚くべきことに、ゲイではなく、“ノンケ”(ゲイでもバイセクシャルでもない、女性が好きな男性)が、ウリ専ビジネスに流れているというのだ。

 男で手っ取り早く金を稼ごうと思ったら、お水の世界だと、“ホスト”か“ウリ”になる。しかし、ホストは上下関係も厳しいし、お客さんとのメールは四六時中応じなくてはいけない。その点、ウリ専であれば、週1日1時間だけのシフトを組むことも可能。時間的な拘束が少ない。なので、昼は一般の仕事を続けながら兼業することも容易となる。それが、ノンケの男たちをウリ専の世界に誘っている大きな要因なのだそうだ。

 終わりのない不況の煽りを受け注目度を増す“ウリ専”とはどんな世界なのか? 実際にウリ専として働く“ボーイ”たちのインタビューを通し、その知られざる世界をまとめた、松倉すみ歩『ウリ専!♂が♂にカラダを売る仕事』(英知出版)を紐解きながら見てみたい。

 まず、ウリ専の店だが、日本最大のゲイタウン・新宿二丁目ではなく、意外にも“高田馬場”が熱いスポットらしい。ウリ専の店はプレイ用として、マンションに専用の部屋をもっていることが多いが、学生街である高田馬場だと部屋数も多く簡単に部屋を押さえられる。また、ゲイの街としてあまりにも有名になってしまった新宿二丁目だとお客さんも通いにくいが高田馬場なら怪しまれることなく通うことができる。以上の2点がその理由という。
ツイート はてな


残り2998書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:0/累計:60 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
貧困に耐えかね「ウリ専」に走るノンケ男性が急増中? 知られざるゲイ向け風俗の世界
スマホ向けクリック保証型広告ADsee