究極交流掲示板

小学英語の授業時間増、3割の学校が先取り

[0]
2018/05/17 00:30
2020年度から教科になる小学校の英語学習を見据え、一部の授業を先行して行う「移行期間」が今年度から始まったが、すでに3割の学校が移行後の20年度と同じ授業時間を確保していることが、文部科学省の調査でわかった。

文科省は「円滑な実施のため、時間数を早めにそろえたいのではないか」としている。

 20年度から実施される次期学習指導要領では、小学5〜6年で英語が教科となり、現在の5、6年生が学んでいる歌などで英語に親しむ「外国語活動」が3、4年生に前倒しされる。

 授業時間数は3、4年生が年間35コマ(1コマ45分)、5、6年生は同70コマとなり、18〜19年度は移行期間として15コマ分を先行して行う。授業時間数は学校の判断でさらに増やすことも可能だ。
ツイート はてな


残り2998書込み可
書く更新検索編集▼古順

前へ1P次へ

[2]
2018/05/17 01:47
英語より日本語にもっとちからを入れるべき

[1]
2018/05/17 00:30
今さら感がすごいな


前へ1P次へ

書く更新検索編集▼古順

[スレッド] 今日:1/昨日:0/累計:28 主なニューススレッド検索スレッド作成新着投稿画像新着YouTube10レス以上記事

トップページ
小学英語の授業時間増、3割の学校が先取り
スマホ向けクリック保証型広告ADsee